早期治療で心晴れる

生活に支障が出る

落ち込む女性

ストレスは病気の原因

運動不足や食生活の乱れ、喫煙や飲酒はあらゆる病気の原因と言われています。特に内科系の病気を引き起こしやすく、生活習慣が原因となって発生する生活習慣病なども多く誕生しています。生活習慣が原因となって発生する病気の場合、普段から自分で気をつけておけば改善することができます。それに対して、自分自身で改善していくのが難しいと言われているのが、ストレスが原因で発生するストレス障害です。ストレスはこうしたストレス障害以外にも様々な病気を引き起こす原因となっており、日本人に多い癌の原因とも言われています。ストレスが原因で発生するストレス障害の中でも近年患者が増えていると言われているのが身体表現性障害と呼ばれるもので、国内外限らずこの障害を抱える患者が増えているのです。身体表現性障害は、最近になって具体的な定義が決まりましたが、身体医学的に説明しにくい身体症状のことを指します。しかし、どれもストレスが原因で発生すると言われているので、クリニックで治療をするにしても普段の生活の中でストレスを発散する場を作っておくことも大切でしょう。

病気の特徴を知ろう

身体表現性障害は男性よりも女性に多くみられる病気と言われており、特に30代を過ぎたあたりから発生する人が多くみられています。身体表現性障害の場合、症状も人によって違いますが、理由も無く身体に痛みやしびれが発生することが多くあります。身体の痛みやしびれ、吐き気は体内器官に異常が発生していることの現れでもありますが、身体表現性障害の場合は病院で内科検査をしても何の異常もみられないのが特徴となっています。その為、一般病院で検査をしても原因が分からない為、正しい治療を進められないことがほとんどでしょう。理由もなく身体のあちこちに痛みやしびれが発生した時には、ストレス障害全般の治療を対応している心療内科系のクリニックに行くのが良いでしょう。心療内科系であれば、心と身体の両方からアプローチして治療を進めてくれます。

できるだけ早めに治療を始める

身体表現性障害の場合、決まった症状が定期的に発生するわけではありません。自分でも痛みやしびれ、吐き気が発生するタイミングが分からないという人も少なくないのです。加えて、前回は痛みが発生したけど今回はしびれ、次に発生したのは吐き気というように、毎回同じ症状とも限りません。クリニックで診断を受けずにこうした症状を放置してしまうと、職場でも理解されないまま働きにくくなってしまいます。酷い人であれば職や役職を失ってしまう可能性もあります。理由が分からない症状が現れた時には、できるだけ早めにクリニックに行って診察をしてもらうのが良いでしょう。身体表現性障害以外にも、ストレスが原因で発生するストレス障害には心身症やPTSD等があるので、正しい診断をしてもらう為にも心療内科系クリニックに足を運ぶことが大切です。

ピックアップ

7つに分類される

不安そうな女性

身体表現性障害の場合、7つの症状に分類されており、身体的に具体的な異常が見られるタイプと、精神的に異常がみられるタイプに分けられます。思い当たる節があればできるだけ早めにクリニックで治療をスタートさせることが大切です。

More...

クリニックを選ぶ

相談

クリニックを選ぶ時には、できるだけ正しく診断してくれるクリニックを選ぶことが大切です。身体表現性障害の場合、通常の病院では診断が難しいので、精神科や心療内科形のクリニックから選ぶのが良いでしょう。

More...

治療法は様々

病院

身体表現性障害の治療方法は様々で、抗うつ剤などを利用して治療をする方法や認知行動療法や精神療法などのカウンセリングによる治療が一般的です。最近では磁気治療なども注目を集めています。

More...

TOP