治療法は様々

病院

薬物療法も一般的

身体表現性障害の場合、治療方法はいくつかあると言われていますが、最も代表的なのが薬物を利用した治療方法です。ストレス障害の中でもうつ病を併発しやすい身体表現性障害は、抗うつ剤を利用するだけで症状が緩和するケースも少なくありません。しかし、抗うつ剤は人によって副作用を発生させてしまう可能性もあるので、特に別の治療薬などを服用している人は注意が必要です。薬を飲むことによって、症状がよくなるという安心感から症状が緩和されるという人も多くいます。しかし、薬物療法の場合、身体表現性障害の根本的な改善に繋がっているわけではありません。一時的な症状緩和や気持ちの安定をもたらしてくれるものなので、具体的な改善治療も必要となるでしょう。

認知行動療法や精神療法

身体表現性障害の治療方法には認知行動療法と呼ばれる治療方法もあります。この場合、症状が出てくるタイミングや状況などを知り、症状が緩和され、良くなる状況を知ることによって症状を起きにくくする治療方法です。症状がよくなる環境や状況を増やすことによって、認知行動療法の症状を自分自身でコントロールすることができるようになるのです。自分が病気をコントロールできるようになることで、病気に対する不安感などを解消することにも繋がるので、症状が発生する頻度を減らしていく効果もあるでしょう。認知行動療法と同時に行なわれることが多いのが精神療法と呼ばれる方法です。この方法はカウンセリングや問診等を中心にして行なわれており、心療内科の治療では一般的となっています。身体表現性障害のみならずその他のストレス障害にも効果を示すのが特徴です。精神療法の場合、仕事や家庭等、自分自身が持つ悩みを医師やカウンセラーに話すことをメインとした治療方法です。身体表現性障害のように、ストレスが原因となる病気の場合、人に悩み相談ができずに自分の中で不安感を抱え込んで病気へと発展する人が多くいます。カウンセリング等でストレスを発散させる場所をつくることによって、症状を悪化させないようにすることができるのです。

磁気治療も誕生している

身体表現性障害を治療するクリニックの中には、磁気治療を行なっているクリニックもあります。磁気治療の場合、薬物療法で発生する副作用が無く、原因に対して直接的に改善していけるのも1つの魅力となっています。身体表現性障害は、心と身体療法に症状がでてきますが、脳の異常が根本的な原因と言われています。脳に磁気刺激を与えることによって、脳の活動を活発化させることができるのです。磁気治療の場合、抗うつ剤によって発生する吐き気や不眠、頭痛や口の乾きなども発生させません。身体に対する負担もかなり少ないので、今後も効果的な治療方法として広く利用されていくことが予想されています。身体表現性障害の症状によっては、磁気治療も必要なく認知行動療法や精神療法などのカウンセリング治療で改善していける場合もあります。できるだけ薬に頼らずに改善していく為にも、自分自身の周囲環境や症状については、医師やカウンセラーに正しく伝えることが大切でしょう。

TOP