クリニックを選ぶ

相談

正しい診断ができるクリニック

身体表現性障害を早めに治療していく為には、クリニック選びが極めて重要となります。特に身体表現性障害の場合は診断が難しい病気でもあるので、正しくクリニックを選ばなければ正しい治療が始められないのです。身体表現性障害を治療するのであれば、まずは心療内科形のクリニックから探すことが大切です。原因が分かるか分からないかどうかは自分自身で判断することができます。理由も無いのに身体に異常が出る場合は心療内科の方が心と身体の両方から診断してくれるので、診断結果は信頼できると言えるでしょう。ストレス社会と言われる日本国内では、心療内科系のクリニックも数多く誕生していますが、中でもあらゆるストレス障害を治療しているクリニックを選ぶことが大切です。あらゆるストレス障害に対応しているということは、それだけ正しい診断や治療ができるということにも繋がります。

カウンセリングに力を入れているところ

クリニックを選ぶときには、カウンセリングに力を入れているクリニックを選ぶのも良いでしょう。身体表現性障害の場合、通常の病気のように身体の異常だけで発生する病気ではなく、心の異常で発生する病気でもあります。その為、薬物治療のみならず精神療法などのカウンセリング治療で改善していく必要もあるのです。身体表現性障害の人には、話すことによってストレスが解消され、痛みやしびれのような症状が現れなくなったという人も多くいます。最近では、初診は無料で受け付けているというクリニックもあるので、症状の相談として気軽に足を運んでみると良いでしょう。身体表現性障害の人は、基本的に周囲に理解されにくく、本人は嘘を話しているつもりはないのに具体的な原因が分からない為周りの人からは嘘を言っているように思われるケースも多くあります。専門のクリニックでカウンセリングを受けて正しい診断を受け、正確な病名を知るだけでも気持ちの不安は解消されるものです。病気を知ることによって、周囲に説明することもできるので、クリニックでカウンセリングを受けることは病気改善の為にも非常に重要なことと言えるでしょう。

最新の検査方法

最近ではあらゆるストレス障害を正しく診断する為に、光トポグラフィー検査と呼ばれる方法が誕生しています。国内で取り入れているクリニックは少ないと言われていますが、うつ病や心身症等あらゆる精神病を診断するのに適しているのです。光トポグラフィー検査では、機械で脳の血流変化をチェックして症状を診断しますが、検査も簡単なので身体への負担もなく行なうことができます。身体表現性障害のようなストレス障害の場合、人によってはうつ病を併発しているケースも少なくありません。光トポグラフィー検査はうつ病を診断する機械でもあるので、精神病全般に効果的な検査方法と言えるでしょう。検査自体は予約が必要となることが多いので、検査ができるクリニックを見つけたら早めに予約をしておくことも大切です。

TOP