惜しげもなく選手を起用 中日・立浪監督の「攻める采配」に感嘆の声

はしご・作業台 2022-03-26 9292 0

惜しげもなく選手を起用 中日・立浪監督の「攻める采配」に感嘆の声

    惜しげもなく選手を起用 中日・立浪監督の「攻める采配」に感嘆の声中日・立浪和義監督(52)の積極采配が周囲をうならせている。25日の巨人戦(東京ドーム)に2―4で敗れ、初陣を飾れなかった指揮官だが「悔しさ?もちろんあるが、明日の戦いはもう今から始まっているわ

惜しげもなく選手を起用 中日・立浪監督の「攻める采配」に感嘆の声

    

巨人の攻撃の判定に、果敢にリクエスト要求した中日・立浪新監督(東スポWeb)

写真拡大

 中日・立浪和義監督(52)の積極采配が周囲をうならせている。

    

 25日の巨人戦(東京ドーム)に2―4で敗れ、初陣を飾れなかった指揮官だが「悔しさ? もちろんあるが、明日の戦いはもう今から始まっているわけなので。

    しっかりとやっていくしかない」と素早く気持ちを切り替えた。

    

 チーム関係者は「負けはしたが、今日の開幕戦で立浪監督の戦う姿勢を見た。

    何とか勝つためにどんどん選手のカードを切っていたし、そういう考えはナインの心にも届いたはず。

    今後が楽しみ」と期待で胸を膨らませている。

    

 とにかく必死で粘った。

    2点ビハインドの8回二死一、三塁の好機でレギュラークラスの8番・京田に迷いなく代打・山下をコール。

    原監督が右腕のデラロサから左腕の高梨へスイッチすると、立浪監督は一発のあるドラフト2位ルーキー・鵜飼を代打の代打で送った。

    結局、右飛に倒れたものの、立浪監督は「初球からいつものようにしっかり振れていたので。

    相手の嫌がる野球をどんどんやっていけるように。

    負けてる展開でも、続けていきます」ときっぱり。

    

 さらに、その直前に死球を受けた石川昂の代走・高松を、その後、二塁の守備に就かせると、二塁で先発出場した阿部を不慣れな三塁で起用。

    オープン戦では一度も守っておらず、実に公式戦では3年ぶりとなったが指揮官は「勝っていたらしないが、負けてる展開だったので」と力説した。

    

 勝ちパターンのはずのロドリゲスも3番手で8回から投入。

    次々と惜しげもなく選手を起用した、攻めの〝闘魂采配〟に「負けているときは追いつくために、残しておいてもしょうがないので。

    そういう野球をやっていきます」と宣言。

    負けてなお今後も立浪竜の不気味さは増すばかりのようだ。

    

评论

精彩评论